手の爪&手肌 | |Lapis Nail ラピスネイル|長崎市のネイルサロン|ネイルスクール

お悩み・Q&A

ラピスネイルは、これまでのネイルサロンと違い、従来の方法にとらわれることなく、お客様のニーズにあったケアの提案を行っております。ネイルのお悩みはひとそれぞれ、当サロンでは、徹底した社員教育を受けたスタッフが、お客様のお爪にあったネイルをご提案します。人に言えない爪、手足の皮膚の悩みも、ゆっくりリラックスしてお話いただけるよう、心がけております。

手の爪&手肌の悩み

深爪

Q1 結構深爪がひどいのですが大丈夫でしょうか?

A.自爪の部分が短くても、スカルプチュア(人工爪)をつけることは可能です。
<注意点> 自爪の部分が短いと、接着している部分が少ないので、通常より取れやすくはなります。 また長い爪の生活に慣れていないことが多いので、ぶつけてしまい折れてしまうこともあります。

Q2 金額はどのくらいかかるのでしょうか?

A. 深爪改善コース(10本) ¥14,000(税抜)
2週間ごとのお直し(10本) ¥7,000(税抜)
初回時に、深爪卒業までの施術方法や流れをご説明いたします。
初回ご来店後、約2週間後のお直しをお願いしております。 その後は爪の状態を見せていただきながら、2~4週間ごとにお直ししながら、自爪を育成していきます。

<深爪改善コース>初回¥14,000(税抜)

※お客様の爪の状態など、お電話にて事前にカウンセリングが必要となります。

深爪改善コースをご利用いただいたお客様の写真

こちらのお客様は深爪、爪を噛む癖、触る癖がありご来店。

Q3 期間はどの位かかりますか?

A. 卒業までの期間は爪の状態により異なりますが、約1ヶ月~2ヶ月くらいが目安です。

そもそも、『深爪』とはどんな状態を指すのでしょうか?
(専門用語は使わずに、わかりやすくを目指しますので省略されている部分もあります。)


まずご自身の爪を見てみてください。
ピンクの部分と、皮膚から離れて伸びていく白い部分とがありますね。

ピンクの部分には毛細血管や神経が通っていますが、白い部分を爪きりで切っても痛くないのは白い部分には神経や毛細血管がないからです。この白い部分を切っても問題はありません。特にこの白い部分を伸ばしすぎると、爪の内側に汚れや最近が溜まり衛生上もあまり良くありませんし、爪が欠けたり折れたりする原因にもなります。

しかし、時にはこの白い部分を越えて、皮膚と離れていない、つまり神経や毛細血管が通っているピンクの部分まで、切ったり、むしったり、噛んだりしてしまうことがあります。

この状態を『深爪』と言います。

では、『深爪』の何が問題なのでしょうか?

まず、ピンクの部分は神経があるので、ピンクの部分まで切ったり、むしったり、噛んだりしてしまうと、痛いですよね。
それに加えて毛細血管等の組織が露出することになるので、細菌の感染を引き起こす場合があります。
ひどい場合は化膿することもあります。

また、爪は本来指の皮膚や内部組織を包み込む役目もあるため自然にカーブを描いていますが、これを必要以上に切ってしまうことでそのカーブバランスを崩し、巻き爪を引き起こしてしまうこともあります。

二枚爪・ささくれ

◆二枚爪の主な原因◆

①乾燥
爪は10~15%程度の水分を含んでいると言われています。
乾燥して水分が不足することにより爪がもろくなり二枚爪になることがあります。

②衝撃
指先を使う仕事が多い方、爪に負担をかけるような指の使い方をしてしまっている方は、
爪への衝撃が多くなり、二枚爪になってしまうことがあります。

◆二枚爪にならないために◆

爪にかかる負担をできるだけ抑えたいので、やすり(ファイル)で削ることをおすすめします。

lap42

手が乾燥しているなと感じたら、しっかり保湿しましょう。
ハンドクリームは塗っているけど指先までは意識していないという方は、キューティクルオイルで爪の周りの皮膚まで保湿して
みてください。

lap43

※キューティクルオイル(¥1000+税)はラピスネイルでも販売しております。

噛み癖がある

Q1 爪を噛んだりむしったりしてしまいます。

A.爪を噛んだり、むしったりしてしまう癖は幼少期からの習慣化や、ストレスなど、さまざまな原因があると言われています。
人工爪(スカルプチュア)やジェルネイルでコーティングし、爪を噛んだり、むしったりできないように物理的にしていき、癖との縁を断ち切ります。
それには、ネイリストの施術だけではなく、お客様自身の噛み癖を直したい。爪を綺麗にしたい。という覚悟も大切になってきます。
※お客様の爪の状態など、お電話にて事前にカウンセリングが必要となります

【1回目】深爪改善施術前
初回の爪の長さはこんな感じでした。

image011

【1回目】 深爪改善初回施術後
噛み癖があるお客様で、今回は改善するためにいらっしゃいました。

image013

 

【最終】 深爪改善初回施術から約2ヵ月後・・・
自爪がここまでキレイに伸び、白い部分もしっかり見えています。

image016

男爪

Q1 自分の爪が男ぽい爪で四角い、すらっと縦長の爪になりたいと思っています。なれますか?

A.そんな方にオススメなのが、「爪の健康を考えるコース」です。
【メニュー内容】
(カウンセリング、アドバイス、爪の形を整えるファイル、爪周りの角質、キューティクルケア、艶仕上げ、プチマッサージ)
お爪周りを整えると、キューティクルがくっきりすっきりします!
不要な部分を除去しているので、爪も健やかにまっすぐ成長することができます。
定期的(月に1度程度)にケアを継続、ホームケアで縦長の爪も夢ではありません。
実はお爪周りのケアをするだけでこんなに変化があります!
爪の健康を考えるコースを利用前と利用後の写真です。

Before [施術前]

image017

After [施術後]

image018

定期的なケア、ホームケアを継続し、美爪を手にいれましょう。

爪表面がデコボコしている

Q1 爪表面がデコボコしています。

爪を噛んだり、爪を押したりなど爪をいじる癖がついてしまうことで、このような状態になってしまう事があります。
深爪改善コースをご利用いただき、噛む触ることができない状態を作ったところ、以下のように大きな変化がありました。

Before

image021

After [6ヶ月後]

image024

 

定期的なケア、ホームケアを継続し、美爪を手にいれましょう。

爪周りが固い

Q1 爪周りが固くなり、見た目が悪いです。

A.爪の周りの皮膚が硬くなる原因の一つとして【冷え】があります。指先は心臓から遠く、冷えやすい部分だからです。冷えることで指先のお肌の新陳代謝が滞り、角質がたまってきます。
そこに乾燥などが加わると皮膚の部分が硬くなってしまいます。 また、紙などを多く触る機会がある方は、紙に油分を取られてしまうため乾燥しやすくなります。
【予防】 食器洗いの際は、ゴム手袋をする。 こまめにキューティクルオイルや、ハンドクリームを塗る。 定期的(月に1度)爪周りのケアを行う。
上記を習慣化していくことで、改善の方向へ向かいます。

Before[施術前]

S__25272326

After[施術後]

S__25272327

Beforeは爪周りが乾燥している状態ですが、爪周りのケアを行ったことで、見た目もすっきりとした印象に。

爪が割れるので伸ばせない

Q1 爪がすぐに割れてしまいます。

A.外部からの刺激、乾燥や、偏った食生活など要因はさまざまです。
ジェルネイルを継続して付け替えをした結果、爪が薄くなってしまったというご経験をされた方も多いのではないでしょうか。
【予防】 深爪にしすぎない。深爪をすると、爪の周りの皮膚が盛り上がり、爪が皮膚に食い込むように伸びてしまいます。

ですから爪を切るときは、とくに爪の両端を深く切りすぎないよう、指のカーブに沿ってなめらかに、少し長めに切るようにするとよいです。乾燥の予防のために、キューティクルオイルをこまめに塗り、そして、バランスの良い食事を心がけてみてください。

縦筋

Q1 爪に縦筋が入っています。

A.原因としては、爪の乾燥、老化が原因といわれています。
【予防】 爪周りの保湿をこまめに行う。キューティクルオイルをこまめに塗り、乾燥を防ぎましょう。そして、バランスの良い食事を心がけましょう。

Before[施術前]

image030

After[施術後]

image031

 

ピンクの部分を伸ばしたい

Q1 ピンクの部分が小さいです。

A.ピンクの部分が短いと、男爪のように見えたり、指も短く見えがちですよね。
定期的に爪周りのケアをし、保湿を小まめにしていただくことで、ピンクの部分も伸びます。
また爪が短いのをキープしていると、ピンクの部分は伸びにくくなります。
ある程度(裏から見て、指先より出るくらい)爪の長さをキープしていただくと、ピンクの皮膚の部分も一緒に伸びてきます。
なぜかと言いますと、爪と指の間にあるのがハイポニキュウム(爪の間に細菌などが入らないように守ってくれる皮膚)と呼ばれる部分が、爪が伸びることによって一緒に成長し、ピンクの部分が伸びるのです。
下記の写真のお客様は、約4ヶ月間、継続してご来店いただいた結果、爪のピンクの部分がのびて、綺麗な美爪に生まれ変わりました!!

Before[初回]

S__25370686

After [6ヶ月後]

S__25370688

 

爪が薄い

Q1 爪が薄い

A.ジェルネイルをしているとだんだん爪が薄くなったというお客様がいらっしゃいます。
それは、ジェルを塗布する事前準備で、ジェルの定着を浴するために爪表面を削ったり、 オフするときに無理やり剥がしてしまうために、自爪まで削ってしまっていることで薄くなっていることが多いです。
当店が使用しているパラジェルは、爪表面を削ることなく定着するジェルになっていますので、薄くなる心配はございません。
爪を健康に保ちながら、長くジェルネイルを楽しめます^^

人に見せるのが恥ずかしくて来店できない

Q1 人に爪を見せるのが恥ずかしくて来店できない

A.自分以外の爪を見る機会は少ないと思います。
人と比べる機会が少ないため、自分の爪は汚いと思い込んでいる方が多いように思います。
自分の爪に自信がなくても、爪の形は変えることができます。
ケアを継続する事で綺麗になっていきます。
私たちネイリストは、毎日何人ものお客様の爪を見ていますので、恥ずかしがることはないですよ。

手の乾燥が気になる

顔の保湿は念入りにされる方は多いと思いますが、手の保湿はどうしても後回しになりがちだと思います。
しかし、料理を作ったり、食器を洗ったり、お仕事で酷使されていたりと手は一日中使っています。
小まめに、ハンドクリームや、キューティクルオイルなどを塗ってケアしてあげてください^^
また、たまには自分のご褒美としてハンドケアをされるのもおすすめです。
当サロンでは、美手コースといってマシュマロハンドになれるハンドケアスペシャルコースもご用意しております。
美手コース(¥2,500+税)の詳細は、
1.ピーリング (まず、古い角質を除去します)
2.コットンパック(手にたっふりと水分を入れていきます)
3.パラフィンパック(専用のロウでパックし、保湿していきます)
4.マッサージ(血流アップ)
5.保湿(ハンドクリームでコーティングしていきます)
です。
サロンだからこそできるハンドケアをしてマシュマロハンドを手に入れませんか?

image054 image056